商標の国際登録(マドプロ)のメリットとデメリット

マドプロの最大のメリットは、海外の代理人(現地の弁理士・弁護士)を使用せずに、外国において商標権を取得できる場合があるため、その場合は費用が大幅に削減できます。すなわち、外国で商標権を取得する場合は、原則、それぞれの国の現地の代理人に依頼する必要がありますが、マドプロは、現地代理人を使用しないで済む場合があるため、大幅なコストの削減となります。

また、マドプロではなく、各国別に申請・出願する場合は、それぞれ各国の言語にする必要があるため、翻訳料がかかります。一方、マドプロは、1つの書類で各国すべてに対応しますので、各国独自の言語での作成の必要がないのです。

さらに、マドプロは、迅速な審査、一括管理、事後指定による権利の拡張などのメリットがあります。

■マドプロ出願の流れ
 手続きの一本化


■指定国官庁での流れ

デメリットは、国際登録の従属性の(セントラルアタック)です。基礎出願、または、基礎登録が、国際登録日から5年を経過する前に拒絶、無効等になった場合は、国際登録も基礎出願又は基礎登録の拒絶、無効等にかかる範囲内で取消となります。その救済措置として、各指定国において国際登録を国内出願へ変更することが可能です。その場合には、国際登録日に出願が行われたものとみなされます。


個人情報保護方針 著作権について

Copyright © 2015 PRECIOUS IP FIRM All Rights Reserved.